台湾にTSUTAYAがオープンしていたので行ってみた

松山駅前に日本のTSUTAYA書店がオープンしていたので覗いて見ました。台湾名は蔦屋書店松山站店です。そのままですね。

さて、期待して中を覗いて見ましたが、台湾の書籍の品揃えは当然ですが誠品書店には遠く及びません。敢えて対抗する気もないとは思いますが。1階と2回の2フロアです。何となく置いてある本を眺めていると、台湾の本よりも日本の本の方が多いと感じました。特に2階は日本旅行関係の本が充実している印象でした。勿論、誠品書店にも日本の書籍はあるのですが、日本の著名作家、売れっ子作家の作品が1つの棚に「日本文学」コーナーとしておいてあるだけで、日本の旅行に関する本は置いてありません。日本語の分かる台湾の方には嬉しい本屋と言えるかも知れません。しかし、日本人にとってはなんかなーと言う感じです。

2Fには喫茶コーナーがあり、メニューは見ませんでしたが、多くの台湾人の方が利用されていました。松山駅の直ぐ横にあるので、気になる方は一度覗いて見てください。