ウクライナ旅行[01](2018年6月) キエフの観光スポット ディエルジャフニイ航空博物館 [1]

デルジャフニイ航空博物館の位置

郊外のキエフ空港の近くにディエルジャフニイ航空博物館はあります。タクシーで向かったのですが、タクシーの運転手さんに上手く伝わらなかったのか、キエフ空港で降ろされてしまいました。キエフ空港は国内線主体の空港で、キエフの中心地からみるとボリスピリ国際空港とは反対側に位置しています。キエフ空港は利用したことがないので、折角だからと中に入って見学しておきました。空港見学を終えた後、空港を出たところで、空港職員らしきお兄さんがいたので、博物館の場所を聞きました。あそこの道路を右側に行くとあるよと教えてくれたので、徒歩で向かったのですが、かなり時間がかかりました。

博物館は広い敷地を柵で囲って航空機を屋外展示しています。入り口でチケットを買って中に入ります。というか柵の向こうに沢山の飛行機が外からでも見えています。しかし、かなり敷地が広いので、奥に方にある航空機は外からは見えません。

見所

普通は目にすることが出来ない歴代のロシア製の戦闘機群が全て見られるのは特筆すべきことです。下の写真はミグ29戦闘機です。奥の方に見えるのは戦闘機ではなく、航空機で、普通の航空機も沢山並んでいます。

f:id:zeitrium-editor:20190314223710j:plain

ミグ29戦闘機

下の写真はスホーイ24爆撃機です。これもなかなか見れません。

f:id:zeitrium-editor:20190314223905j:plain

スホーイ24爆撃機

下の写真は何の飛行機かわかりませんが、巨大で4枚のプロペラが2重に付いています。こんなプロペラを見るのは初めてでした。

f:id:zeitrium-editor:20190314224003j:plain

下の写真は大型爆撃機の巨大なミサイルの先端です。無茶苦茶尖っていました。空力抵抗を抑えるためでしょう。体に当たったら刺さりますね。

f:id:zeitrium-editor:20190314224025j:plain

飛行機好きの方は一度、天気が良い日を選んで行って見ると楽しいと思います。じっくり見て回るとかなり時間が必要です。タクシーによる往復の時間と見学の時間を含めると3時間は必要だと思います。また、帰りは博物館の前にタクシーは滅多にいませんので、徒歩でキエフ空港まで歩いて、そこでタクシーに乗るか、UBERでタクシーに来てもらうかの二択です。

行来たい方、詳しい情報が欲しい方はコメント頂ければ、できる限り対応致します。 

入場料

入場券は50грн。грнはгривня(フリヴニャ)の略でウクライナの通過。今日のレートで1грн=4.15円。つまり275円になります。さすが、ウクライナ 、激安です。特別料金を払えば、特定の飛行機の中を見学することが出来ますが、私はやめておきました。

 

f:id:zeitrium-editor:20190314223434j:plain

入場券

[2]に続く

基本情報

名称:Державний Музей Авіації імені О. К. Антонова

住所:м. Київ, вул. Медова, 1

営業日:火曜〜日曜

営業時間:10〜19時(4〜10月), 10時〜18時(11〜3月)

アクセス:タクシーをお勧めします。

    (トロリーバス8,9番で終点下車)

 

 

 

 

©︎www.beta-centauri.site

本ブログの文章及び写真の著作権は本サイトwww.beta-centauri.siteに帰属し、これらの無断転載及び無断利用を禁じます。