Booking.comのGenius特典は本当に使えるのか?

f:id:zeitrium-editor:20190331174118j:plain

Geniusプログラムの特典

Booking.comではGeniusプログラムと言う特典があり、何度か利用するとフリークエント・トラベラーにランクアップアップして、プログラム対象のホテルには10%の料金割引で宿泊出来る制度があります。

更に、アーリーチェックイン(Early Check In; 以下、ECIと略します)とレイトチェックアウト(Late Check Out;以下、LCOと略します)の利用が可能と書かれています。ECIは通常の時間よりも1時間早くチェックイン出来る制度で、LCOは通常よりも1時間遅くチェックアウト出来るサービスです。全ての宿泊先で有効ではないのですが、一応、リクエストする事が出来ます。この特典がどの程度有効なのだろうかと感じた体験をしたので、以下に、概略を書きます。

 ポーランドの民泊

既にフリークエント・トラベラーとなっていた私は昨年2019年ポーランドワルシャワでアパートで民泊をしました。ワルシャワ市街中心部の便利な立地が気に入って、ここに決めました。

予約

Booking.comで予約する際に、飛行機の時間が夕方だったせいもあり、出来るだけ遅くまで市街地に居たかったので、予約画面の中にある「特別リクエスト」にLCOを希望すると書いておきました。この情報は宿泊先と共有されると書かれています。
 
予約画面には宿泊先と連絡を取るように書かれていましたが、先ず、先方から「ワルシャワへ到着する航空会社、飛行機の便番号、到着時間を連絡して下さい」とのメールが届きました。そのメールには建物の敷地に入る際のゲートの暗証番号と宿泊する部屋の鍵を受け取る方法も書かれていました。そこにはチェックアウトに関することは一切書かれていませんでしたが、アパートの隣の部屋の人から鍵を受け取るときに、「チェックアウトはいつですか?」と聞かれたので、その時間を伝えていました。

 LCOの件

私は実際宿泊してチェックアウト当日の午前中は空港に向う時間まで市内観光を楽しんでいました。11時半頃、宿のオーナーから「急いで戻って来てほしい」と書かれたメールが届きました。「まだ時間は十分有るはずなのに」と思いつつ、オーナーに逆らう訳にもいかず、部屋まで急いで戻りました。部屋の鍵を開けるとオーナーが部屋を掃除していました。オーナーは「今日の午後、予約が入っているので、出来るだけ早くチェックアウトして欲しい」と言う。「あれ?私のLCOの件はBooking.comから連絡が入らなかったのかな」と思いましたが、1時過ぎに次のお客さんが来るとなると、そう言う議論をしても無駄です。
 
この時、オーナーはまだ掃除をしており、掃除が終わるまでは居ても良いみたいで、私の旅行経路などについて聞いてきました。そこで、掃除が終わるまで色々と話をしましたが、それはまた別納記事で紹介したいと思います。
幸い、直ぐに部屋を出られる準備をしてから街に出たので、旅行鞄を持てば直ぐ部屋を出られる状態でした。オーナーの掃除が終わったのを見て、私はお礼を言って部屋を出ました。
 
これが話の概略ですが、要は、サイトでLCOを選択しても駄目な場合があると言うことなのです。普通のホテルなら利用できるのかも知れませんが、LCOが選択できる以上、Booking.comもこのあたりの問題を解消すべく何らかの手を打って欲しいと思います。
今では、このアパートのチェックアウト時間は12時から10時半に変り、チェックイン時間も15〜22時と以前よりも遅くなっています。LCOも選択できません。私のせいではないとは思いますが、人気のあるアパートなので、色々似たようなトラブルがあったのかも知れません。