ウクライナ旅行[21](2019年5月) キエフのトイレ事情

公衆トイレの外観

トイレは地下鉄駅を出たところにあるケースが多い。ТУАЛЕТ(トゥアリエト)と書かれた緑のボックスがトイレです。小さいですが、WCとも書いてあります。色はどこも緑で違う色はありません。トイレ以外に緑のボックスはないので、緑色のボックスは全てトイレです。

利用法

トイレは有料で、中央におばあちゃんが座っている部屋があり、左右がトイレとなっています。5UAH(20円くらい)を小さな窓口でおばあちゃんに払って、おばあちゃんが指定する方、右か左に入リます。

f:id:zeitrium-editor:20190502213951j:plain

トイレの内部

中は写真の通りで、トイレットペーパー、手洗いはありますが、衝撃的なのは便座が無いというところです。これは結構というかかなりきびしいです。汚れている場合が多いので、まず直接座るのは無理です。男性はともかく、女性はどうするのでしょうか?中腰でするしかないのではないでしょうか。みていると普通に女性が入って出てきます。どうしているのでしょうか?これだけでキエフはアウトという女性は多いのではないでしょうか。

f:id:zeitrium-editor:20190502214038j:plain

他のトイレ

もう一つの手としてマクドナルドに入るという手もあります。勿論無料で、こちらのほうが恐らくマシでしょう。

地下鉄駅近くのショッピングモールのトイレに入ってみましたが、こちらも5UAHで有料でした。ここはスクワットトイレ(いわゆる和式っぽいやつ)で下が、便座がなくて座れないトイレよりはマシだと思いました。

何れにしても、キエフのトイレは綺麗な日本の公衆トイレになれた日本人にとっては地獄と言うか、一つの試練と言っても過言ではありません!

方向音痴まっくすの感想

キエフ旅行では観光プランよりも、先ず、この難易度の高いトイレをどう使いこなすかを考え抜いておこう!

 

 

©︎www.beta-centauri.site 

本ブログの文章及び写真の著作権は本サイトwww.beta-centauri.siteに帰属し、これらの無断転載及び無断利用を禁じます。