カザフスタン・トランジット(2019年5月) アルマトイの観光スポット:国立民族楽器博物館

ゼンコフ正教会の近くにある国立民族楽器博物館に行ってみました。

名称:Музей народных музыкальных инструментов им. Ыхласа

場所:Zenkov St, Almaty

web:Достопримечательности Алматы :: Музеи

f:id:zeitrium-editor:20190512230912j:plain

生まれて初めて見た楽器です。Keruishという名前の楽器です。

f:id:zeitrium-editor:20190512230936j:plain

こちらは琴との関連性を感じさせる楽器で、Zhetigenという名前です。細工が綺麗です。

f:id:zeitrium-editor:20190512230955j:plain

こちらは笛などのコーナー。かなり大きなものもあります。

f:id:zeitrium-editor:20190512231014j:plain

こちらの右側はかなり細かい細工が施された笛で、Bugyshakという名前の楽器です。

f:id:zeitrium-editor:20190512231034j:plain

こちらはオカリナのような笛で、名前は控え忘れてわかりません。なんか丸っこくてジャガイモみたいでした。

f:id:zeitrium-editor:20190512231112j:plain

DOMBRAという結構有名な楽器です。細工が綺麗です。

f:id:zeitrium-editor:20190512231133j:plain

こちらはKOBYZという1957年に製作された楽器。

f:id:zeitrium-editor:20190512231206j:plain

これもDOMBRAですが、ギターみたいな形をしています。

f:id:zeitrium-editor:20190512231229j:plain

PRIMA KOBYZという名前の楽器です。

KOBYZ BASSという名前の楽器。名前からして低音楽器だと思われます。

f:id:zeitrium-editor:20190512231303j:plain

なんかバイオリンの影響を感じます。

f:id:zeitrium-editor:20190512231328j:plain

こちらはKYLKOBYZという楽器です。

f:id:zeitrium-editor:20190512231349j:plain

SHERTERという名前の楽器です。

f:id:zeitrium-editor:20190512231411j:plain

こちらも琴のような楽器ですが、サイズはかなり小さいです。
f:id:zeitrium-editor:20190512231440j:plain

以上、博物館内に展示されている楽器の一部をご紹介しましたが、まだまだ多くの楽器が展示されています。民族楽器とか楽器に興味のある方は一度訪ねてみると楽しいかもしれません。ただし、試奏などは当然できず、そのような楽器も用意されていないので、どのような音がするのか検討もつきません。せめて、演奏中のビデオでも博物館内に準備されていれば良くわかるのですが。もう少し、この点は工夫してほしいですね。

方向音痴まっくすの感想

音聞かせてくれないとなあ。