ウクライナ旅行[34](2019年5月) キエフの観光スポット:ペチェルースカ・ラヴラ(世界遺産)1

今回はキエフのペチェルースカ・ラヴラ(修道院)をご紹介します。ソフィア大聖堂を含めて世界遺産に登録されています。訪れた際は生憎の雨模様でしたが、雨が止む時間もあり、修道院内を回るのにそれほど支障はなかったです。但し、敷地内の通路は全て石畳で、雨の際、特に坂道はスニーカーでも非常に滑りやすいので注意が必要です。

  • 名称:キエフ・ペチェルースカ・ラヴラ
  • 名称(ウクライナ語):Києво-Печерська лавра (Kyievo-Pechers'ka lavra)
  • 住所:Lavrska St, 15, Kyiv
  • 建設:1051年(968年前)

アクセス

地下鉄M1線のArsenalna駅から徒歩、路線バスでKievo-Pecherska Lavraで下車、或いはUBER等のタクシーを利用。 

 

修道院の入り口です。修道院に入るのにチケットは要らず、無料です。 今回はВЕРХНЯЯ ЛАВРА (Verhyy Lavra)と言う領域を紹介します。

f:id:zeitrium-editor:20190529212910j:plain

入り口のゲートを潜って下り坂を進んでいきます。

f:id:zeitrium-editor:20190529213001j:plain

暫く歩いていくと今度は上り坂になります。前述のように石畳は滑りにくいので要注意です。本当に滑りやすいです。突き当りを左に曲がります。正面に見えるのは18〜19世紀に建てられた印刷所です。

f:id:zeitrium-editor:20190529212625j:plain

まだ、滑りやすい石畳は続きます。本当に注意しながらゆっくり歩きます。

f:id:zeitrium-editor:20190529212656j:plain

ようやく修道院のメインの建物、ウスペンスキイ大聖堂(Успенсий соборб 11世紀)が見えてきました。

f:id:zeitrium-editor:20190529212719j:plain

f:id:zeitrium-editor:20190529212741j:plain

金色のドームが綺麗です。建物自体は白くて、他の修道院に比べるとシンプルな色使いですが、金色とよくマッチしていて、却って他の修道院、教会などと比べて美しさが際立っています。晴れていれば、太陽光で白さが増して更に綺麗だったのではないかと、少し残念です。左側の建物は19〜20世紀に建てられた教会と食堂(Трапезная палата с церковью)です。

f:id:zeitrium-editor:20190529212828j:plain

 2に続く

 

©︎www.beta-centauri.site 

本ブログの文章及び写真の著作権は本サイトwww.beta-centauri.siteに帰属し、これらの無断転載及び無断利用を禁じます。