中国旅行[10] 北京にある中国の国立美術館「中国美術館」について

今回は中国の国立美術館である中国美術館をご紹介します。場所ですが、地下鉄「東西駅」から徒歩で行ける場所です(下記の地図参照)。

  • 名称:中国美术馆(中国美術館)National Art Museum Of China
  • 住所:北京市东城区五四大街1号
  • web :namoc.org

こちらが美術館です。道路の反対側から撮影しましたが、全体が収まりませんでした。チケットは向かって右側、道路沿いの近くにあるチケット売り場で購入します。

f:id:zeitrium-editor:20190821222559j:plain

中国美術館

以下、私が訪れた際に展示されていた作品をご紹介します。作者と作品名は控えていないので、分からないものが多いですが、その点はご了承ください。下の写真の水墨画は非常に横長の大作で通常のカメラでは全体が収まりませんでした。

f:id:zeitrium-editor:20190821222649j:plain

こちらは革命期の様子を描いた掛軸です。線は墨で書かれているので、中国式の画法ですね。

f:id:zeitrium-editor:20190821222656j:plain

こちらも革命期の様子。毛沢東が描かれています。

f:id:zeitrium-editor:20190821222709j:plain

こちらも革命期の人民服を着た「気象兵」を描いたもの。手に持っているのは風船ではなく、気象観測用の気球ですね。

f:id:zeitrium-editor:20190821222728j:plain

こちらは有名な絵で手持ちの画集に詳細なデータが載っていました。

作者:刘孔喜(Liu Kongxi )

作品名:青春紀事之二:踏雪割豆

    木版にテンペラ、122×87.3cm, 2005年

作者の刘孔喜は1952年河北省固安県の生まれで、1977年魯迅美術学院卒業、1985年修士号取得、1993年から1994年日本の武蔵野美術大学油画科客員研究員、テンペラ画と古典技法を学美、首都師範大学美術学院教授に就任。

この作品は帽子の質感とか鎌の木の部分とか、力が抜けた感じとか非常に上手いと感心します。

f:id:zeitrium-editor:20190821222853j:plain

f:id:zeitrium-editor:20190821222901j:plain

f:id:zeitrium-editor:20190821222918j:plain

f:id:zeitrium-editor:20190821222929j:plain

f:id:zeitrium-editor:20190821223006j:plain
f:id:zeitrium-editor:20190821222939j:plain

刘孔喜の作品「青春纪事之六 离离原上草」

木板にテンペラ、190×185cm(2007年)

f:id:zeitrium-editor:20190821223035j:plain

f:id:zeitrium-editor:20190821223122j:plain

f:id:zeitrium-editor:20190821223132j:plain

f:id:zeitrium-editor:20190821223140j:plain

f:id:zeitrium-editor:20190821223056j:plain

f:id:zeitrium-editor:20190821223152j:plain

f:id:zeitrium-editor:20190821223113j:plain

f:id:zeitrium-editor:20190821223104j:plain

こちらも刘孔喜の作品です。家から届いた手紙を読んでいる所です。

作品名:青春紀事之三:家信

    木版のテンペラ、150×100cm (2006年)

f:id:zeitrium-editor:20190821223335j:plain

刘孔喜の作品「青春纪事之十一 寂静山林」

木板にテンペラ、150×75cm(2009年)

私はこれは、何と言っても彼の最高傑作だと思います。非常に丁寧に描かれていて、かなり力を入れて描いた作品だと思います。

f:id:zeitrium-editor:20190821223346j:plain

ガラス入りの額に入っているので、写真を撮るとガラスに会場が写り込んでしまいました。

f:id:zeitrium-editor:20190821223400j:plain

少し、指が細長すぎるような気もしますが、全体を見た場合にはあまり違和感は感じません。

f:id:zeitrium-editor:20190821223435j:plain

髪の毛の生え際とかはかなりリアルです。

f:id:zeitrium-editor:20190821223518j:plain

現代美術も展示されていました。

アブストラクトですね。何か魅力的な絵です。

f:id:zeitrium-editor:20190821223623j:plain

こちらは海の様子を描いたものですが、光に反射する波が見事に描かれています。

f:id:zeitrium-editor:20190821223629j:plain

蛍光の赤色とグレーを主体に描かれた人物画です。こちらは個人的に好きではないですが、人の動きがリアルで、作者はかなりの画力がある方だと思います。

f:id:zeitrium-editor:20190821223646j:plain

 今回、ご紹介する作品は以上になります。中国の写実絵画にはすごい作品も多いです。興味を持たれた方は中国写実絵画についてネットで調べられてはいかがでしょうか。


©︎www.beta-centauri.site 

本ブログの文章及び写真の著作権は本サイトwww.beta-centauri.siteに帰属し、これらの無断転載及び無断利用を禁じます。