中国旅行[23] 開港したばかりの北京大興国際空港(Beijing Daxing International Airport)に行ってみました(3)2019/10/12

下記の記事に引き続き、今回は北京大興国際空港内部をご紹介します。

空港内の様子

空港の見取図です。上部に伸びている「手」が鉄道用、残りの4つの手は搭乗用です。

以下、空港の地下1階から5階まで順に見ていきたいと思います。

f:id:zeitrium-editor:20191020030845j:plain

こちらは地下鉄を降りて1階上に登ったところ(地下1F)の様子です。

f:id:zeitrium-editor:20191020034123j:plain

f:id:zeitrium-editor:20191020035017j:plain

地下一階からエスカレータでF1に行きます。案内も親切で、迷うことなく進んでいけます。

f:id:zeitrium-editor:20191020034122j:plain

エスカレータを登ります。

f:id:zeitrium-editor:20191020035058j:plain

こちらがエスカレータで1Fに登ったところの様子です。

f:id:zeitrium-editor:20191020034131j:plain

CURRENT FLOOR 1Fと表示されています。わかりやすいです。

f:id:zeitrium-editor:20191020035730j:plain

更にエスカレータで二階に登ります。右手に見えるのはエレベータです。エレベータよりもエスカレータを利用した方が、待たなくて良いので、早い気がします。

f:id:zeitrium-editor:20191020035233j:plain

こちらは2F天井の様子です。省エネのために、光を取り入れる工夫がされています。

f:id:zeitrium-editor:20191020035240j:plain

f:id:zeitrium-editor:20191020035244j:plain

f:id:zeitrium-editor:20191020025651j:plain

更に上の階(4F)に登ります。

柱の部分は中空で、その上部は採光のための窓になっています。

f:id:zeitrium-editor:20191020035309j:plain

f:id:zeitrium-editor:20191020035313j:plain

天井が低いのですが、柱が極めて少ないので窮屈な感じはしません。

f:id:zeitrium-editor:20191020035322j:plain

f:id:zeitrium-editor:20191020025639j:plain

更に5Fに登ります。5Fは展望・食事のフロアになっています。

f:id:zeitrium-editor:20191020035328j:plain

こちらが5Fに登るエスカレータです。

f:id:zeitrium-editor:20191020035336j:plain

登ったところはこんな感じです。

f:id:zeitrium-editor:20191020035352j:plain

本来はこの柵から下を覗けるはずですが、ロープが張ってあって見ることができませんでした。

f:id:zeitrium-editor:20191020035349j:plain

f:id:zeitrium-editor:20191020035357j:plain

レストラン街は未だ開店していない店がほとんどでした。

f:id:zeitrium-editor:20191020035400j:plain

まとめ

以上、ざっと写真で空港内部の様子を紹介させていただきました。何となく空港の様子がお分かり頂けたのではないでしょうか。開港間もないため、未だ全ての施設がオープンしていない状態でした。今回は搭乗しなかったため、免税店などは見ることができませんでした。中国のニュースを読んだ感じでは、空港に見学に来る人がかなり多いと言うことです。確かに、手ぶらで写真を撮ったり、記念撮影している人も目立ちました。

 

本ブログの文章及び写真の著作権は本サイトwww.beta-centauri.siteに帰属し、これらの無断転載及び無断利用を禁じます。