ウクライナ旅行[82] キエフ:アニメ・コミック、フィギュア等を販売しているお店 "Pulsar" を訪ねて見ました(2019年10月)。

私はアニメとかコミックとかには全く興味が無いのですが、地下鉄Pochaina駅付近のフリーマーケットに行った際、偶然にアニメの店があるのに気がつきました。次々と人が入っていくので、日本のアニメの影響力がどんなものか知りたくなって、興味本位で覗いて見ました。

f:id:zeitrium-editor:20191021012354p:plain

椅子に座って、近くのコーヒーショップで買ったコーヒーを飲んでいたのですが、横を見ると通りの向かいのビルに”ANIME"と書いてあるではないですか。こんなところまでアニメというかオタク文化が伝播しているのかと驚きました。

f:id:zeitrium-editor:20191021000245j:plain

こちらが看板を拡大したものです。アニメ雑誌、アニメ、マンガ、フィギュア、コミックと書いてあります。無茶苦茶オタクな店ですね。入るのが恥ずかしかったのですが、頑張って入って見ました。

f:id:zeitrium-editor:20191021000318j:plain

ちょっとボケた写真ですみません。店内は狭いのですが、かなりの人がきていました。こちらの右側の棚はコミックが置いてあります。

f:id:zeitrium-editor:20191021000725j:plain

例えば、こんな感じです。うまるちゃんと書いてあります。110フルブニャ(440円)です。

f:id:zeitrium-editor:20191021000736j:plain

こちらご存知セーラームーン

f:id:zeitrium-editor:20191021000742j:plain

こちらはフィギュアのコーナー。値段は見ませんでした。

f:id:zeitrium-editor:20191021000746j:plain

アニメのノート、缶バッチ、バッグなどオタッキーなものが沢山置いてありました。店を出る際、若い女の子二人が入り口の長椅子で買ったばかりの缶バッチをバッグに一生懸命つけていました。そのうちの一人が私を見て、もう一人の子に何か仕切りに行っていました。その子も振り向きました。多分、あー日本人だ!という感じでしょうか。しょうがないので、親指を立てて”いいね!”サインをしたら、その子も親指立ててました。

しかし、ウクライナには、こんな風にアニメに夢中な子も沢山いるんだなと、日本人として嬉しいというよりも、影響与えすぎて申し訳ないという気がしました。勉強に影響しないといいんですが。ただ、アニメで日本に興味を持って、その後、日本語を勉強し始める人がいたり、日本に旅行に来てくれたり、日本に住んで働いたり、日本人と結婚したりする人が実際にいますから、国際交流、観光客誘致という面でも悪いことでは無いかもしれませんね。

マンガは語学学習に向いていると聞いたことがあります。実際にその国で使われている日常会話が沢山登場するためです。ウクライナ 語を勉強されている方、勉強しようと思っている方は、ウクライナ 語に翻訳されたコミックスで勉強するのも良いかもしれません。日本語訳は日本の同じタイトルのコミックスを買えば、分かりますから。

 

店舗情報

店名:Pulsar(店名はキリル文字ではなくラテン文字です)

住所:вулиця Вербова, 17А, Київ, 04073

 

本ブログの文章及び写真の著作権は本サイトwww.beta-centauri.siteに帰属し、これらの無断転載及び無断利用を禁じます。