カザフスタン旅行[09] アルマトイ・カクトべ・パーク(Kok Tobe Park)(2019年10月)(改訂2版)

今回はアルマティ(アルマトイ)の南部にあるカクトべをご紹介します。コクトベとも呼ばれているようですが、現地のタクシーの運転手さんが「カクトべ」と発音していたので、ここではカクトべと書きます。

  • 名称:Парк Кок Тобе (Park Kok Tobe)(パルク・カクトべ)
  • 住所:б, просп. Абая 104, Алматы 050000

GOOGLE EARTHで見ると緑の山の麓にあります。写真下側の万年雪の山はマップにタルガル山と書かれています。

f:id:zeitrium-editor:20191025000642p:plain

コクトベパークのロープウェイ乗り場からロープウェイで山上に登ります。片道1000テンゲ(280円)で、往復は2000テンゲで2倍でした。割引きはありません。片道のみ買う人は、歩いて降りてくるんでしょうか?

f:id:zeitrium-editor:20191025000650j:plain

こちらがゴンドラです。古くなく、ちゃんとしたきれいなものでした。f:id:zeitrium-editor:20191025000823j:plain

遠方に見える山の頂上まで行けます。

f:id:zeitrium-editor:20191025001131j:plain

f:id:zeitrium-editor:20191025001001j:plain

f:id:zeitrium-editor:20191025001045j:plain

駅が見えてきました。

f:id:zeitrium-editor:20191025001056j:plain

着きました。

f:id:zeitrium-editor:20191025001104j:plain

駅を出ると前方に観覧車がありました。ちゃんと営業していました。

f:id:zeitrium-editor:20191025001115j:plain

こちらが山頂の駅の外観です。右側にあるのは逆バンジーf:id:zeitrium-editor:20191025000754j:plain

人が舞い上がってました。

f:id:zeitrium-editor:20191025000854j:plain

こちらはテレビ塔です。山頂の公園から少し離れた場所に立っていますが、近づくことはできません。TV塔には登れませんでした。

f:id:zeitrium-editor:20191025000749j:plain

山頂からは非常に雄大な風景が眺められます。こう言う風景を見るのは久しぶりでした。気温は9℃とやや寒かったです。山頂ではチキンケバブサンドを食べました。

f:id:zeitrium-editor:20191025000708j:plain

f:id:zeitrium-editor:20191025000704j:plain

f:id:zeitrium-editor:20191025000658j:plain

こちら揺れるゴンドラの乗り物。立っている海賊の顔が怖いのがちょっと気になります。

f:id:zeitrium-editor:20191025000743j:plain

こちらは座ると座席が回転したりする絶叫?マシーン。

f:id:zeitrium-editor:20191025000729j:plain

こちらの像の顔が怖い。目を見開きすぎで笑っていないのが問題。

f:id:zeitrium-editor:20191025000737j:plain

こちらには何種類かの動物がいます。こちらの動物はオーストラリアン・エミューです。エミューって絶滅危惧種ではなかったでしたっけ。

f:id:zeitrium-editor:20191025000843j:plain

フリークライミングを楽しむ場所もありました。

f:id:zeitrium-editor:20191027220308j:plain

さて、またロープウェイで山を降ります。

f:id:zeitrium-editor:20191025000906j:plain

f:id:zeitrium-editor:20191025000809j:plain

f:id:zeitrium-editor:20191025000939j:plain

もう日が暮れ始めました。夜景もきれいとのことですが、フライトの時間の関係でホテルへ向かいました。もちろん、山並みは朝から日暮れまでしか見れません。

 

 本ブログの文章及び写真の著作権は本サイトwww.beta-centauri.siteに帰属し、これらの無断転載及び無断利用を禁じます。