ウクライナ旅行[105] キエフ出発の各種現地ツアーについて(第1回):重爆撃機基地ツアー

今回からキエフ出発の現地ツアーをご紹介していこうと思います。ツアーに関しては非常に沢山の会社が企画しており、ネットで探すと非常に多くのツアーが見つかります。しかし、個人的にはやはりウクライナの会社が実施しているツアーが良いのではないかと思います。

そこで、何回かに分けてKIEV INSIDERと言う会社が用意しているツアーの内容を一つ一つご紹介し、各ツアーを利用する価値があるかどうかについてコメントしていきたいと思います。

f:id:zeitrium-editor:20191207141036p:plain

https://kievinsiders.com/tours/

爆撃機基地ツアーの内容

  • 所要時間:11時間
  • 価格:149€(17,900円)/人、298〜447€/(2〜3人のグループ)
  • ツアーオプション:
  1. 爆撃機見学:Tu-16K “Badger”, Tu-22KP “Blinder”, Tu-22M3 “Backfire-C”, Tu-95 “Bear” (操縦席見学含む), Tu-160 “Black Jack” (操縦席見学含む)
  2. 戦闘機/輸送機見学:Su-15 “Flagon-G”/ An-2 (操縦席見学含む), Tu-134UBL “Crusty-B” (操縦席見学含む)
  3. ヘリコプター/重爆撃機航空博物館見学:Mi-2 “Hoplite” (操縦席見学含む), Mi-8 “Hip”

ツアーの説明

冷戦時代には巡航ミサイルを備えたソビエトの重爆撃機が飛行し、巡航ミサイルであらゆる標的を攻撃する準備が出来ていたでしょう。グランドスタンドオフは終わったように見えるかもしれませんが、TU-95(別名The Bear)とTU-160(別名Black Jack)は依然として空を飛んでおり、何時でも世界平和を害する可能性が有ります。重爆撃機基地ツアーは冷戦をより良く理解するユニークな機会となります。このツアーでは旧ソ連軍の第185-Guradia爆撃航空連隊の元基地であるポルタバの博物館を訪れます。

地球のどこにおいてもソビエトの戦略ミサイル空母が公に見られる所は有りません。この基地はアメリカ空軍が第二次世界大戦時代にナチスドイツを襲撃するために使用したことで有名です。私たちのツアーでは、輝かしいTU-95とTU-160を見るだけでなくパイロットのコックピットを実際に訪れます。

展示の中にはソビエト初のジェット爆撃機TU-16、ソビエト初の超音速ジェット爆撃機TU-22K、およびTU-22M3も有りますが、これは依然として戦争において威嚇力のある兵器です。 地球上、パイロットの戦略爆撃機の座席以上に、世界平和の脆弱性を理解できる場所はありません。

f:id:zeitrium-editor:20191207135401p:plain

ツアーに対する私の評価

爆撃機などの操縦席が見られるのはここだけです。以前、ご紹介した国立航空博物館では爆撃機の操縦席を見ることは出来ません。そのため、このツアーは面白いとは思います。しかし、価格が18,000近いのでかなり金額的にかかるツアーですので、良く検討する必要があります。物価の安いウクライナでこの金額は相当高額だと思います。

博物館の情報

このツアーで訪れる博物館の情報は下記の通りです。

  • 名称:Музей важкої бомбардувальної авіації - філія Національного військово-історичного музею України(Museum of Heavy Bomber Aviation - a branch of the National Military History Museum of Ukraine)(重爆撃機博物館ーウクライナ国立軍事歴史博物館・分館)
  • 開館時間:10:00 -17:00
  • 場所:вулиця Олександра Засядька, 1, Poltava, Poltava Oblast (1, Полтава, Полтавська область)
  • web site: 

下記写真はホームページのスクリーンショットです。

f:id:zeitrium-editor:20191207192440p:plain

博物館の場所

この博物館があるのはキエフ市の東南のPoltavaと言う場所です。キエフから直線距離で257km程度離れています。キエフは地図の左上です。目的地は右下になります。

f:id:zeitrium-editor:20191207194942p:plain

Poltava

f:id:zeitrium-editor:20191207195025p:plain

爆撃機博物館の場所

博物館の料金

個人で訪れた際に関係すると思われる料金を抜粋してみました。

  1. 入場料(輸送機:Tu-134・AN-2見学・写真撮影)50UAH(200円)
  2. 爆撃機TU-160(Black Jack)・TU-22M3(Backfire-C)・TU-95(Bear)、 Mi-8(Hip) ヘリコプター 見学 50UAH(200円)
  3. 航空機の操縦に関するエクスカーション:200UAH(800円)
  4. 博物館内部のエクスカーション料金:100UAH(400円)
  5. 外国語エクスカーション料金:200UAH(800円)
  6. 商業写真・ビデオ撮影料金:200UAH(800円)

入場料200円、重爆撃機・ヘリコプター見学200円で合計400円ですね。説明を詳しく聞きたい場合は外国語エクスカーションをもぷ仕込んでも800円なので、合計1200円しかかかりません。普通の写真・ビデオ撮影は料金がかからないと思います。仮にお金を取られても800円なので、合計2000しかかかりません。

個人で行く場合

上記のツアー料金は17900円もしますから、差し引き15900円以内でキエフとPoltavaの博物館を往復出来れば、個人で行った方が安いと言うことになります。

Poltavaへのアクセス

そこで、Poltavaへ行く方法ですが、調べてみると高速鉄道を利用するとキエフから3時間で着くようです。下記サイトで電車を調べてみると、例えば6時12分キエフ発の712 INYERCITYと言う電車があり、到着時間が9時19分、所要時間3時間7分です。料金は312 UAH(1250円)ですから、往復で2500円となります。安いですね。

gd.tickets.ua

f:id:zeitrium-editor:20191207203324p:plain

ルートは下記の通りで、途中の停車駅は8駅のようです。

f:id:zeitrium-editor:20191207203850p:plain

Poltava行き電車の停車駅と到着時刻
料金のイメージ

PoltavaのKONSTANTIN駅から博物館はUBERを利用すれば往復しても恐らく1000円以内だと思われますので、個人で行った場合の総額を計算すると、以下のようになります。

  • 博物館:1,200円〜2,000円(最大)
  • 鉄道料金:2,500円
  • UBER:1,000円
  • 計:4,700円〜5,500円
結論

このツアーはかなり割高なので、個人で行かれることをお勧めしたいと思います。

 

 copyright 2019 zeitrium-editor
 本ブログの文章及び写真の著作権は本サイトwww.beta-centauri.siteに帰属し、これらの無断転載及び無断利用を禁じます。お問い合わせ、コメント、ご質問等ありましたら、zeitrium@gmail.comまでお願い致します。

twitter: @hokoomax